MENU

詰め物・被せ物

当院の詰め物・被せ物による治療

受付

近年、セラミックをはじめとする優れた素材が開発され、普及しています。当院でも、よりご満足いただけるものを選択できるよう、積極的に導入しております。

ただ、高いもの、新しいものが必ずしも患者様にとってベストな素材とは限りません。どの歯に使用するものか、見た目にどれくらいこだわるか、歯ぎしりなどの癖があるか、といった要素から総合的に判断し、選択することが大切です。

お口の状態、ライフスタイル、ご予算などから患者様と話し合いながら選定していきますので、お気軽にご相談ください。

見た目の良い詰め物・被せ物を使いたい、現在使用しているものを交換したいという方も、お待ちしております。

詰め物・被せ物の種類

詰め物
セラミックインレー

「セラミック」と呼ばれる白い陶製の素材を使用したインレー(詰め物)です。天然歯との境目も分からないほど美しく仕上がります。

※より強度の高い、二ケイ酸リチウムガラス「e-max(イーマックス)」と呼ばれるセラミック素材で作ることも可能です。

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックと歯科用プラスチックを混合した素材「ハイブリッドセラミック」を使用したインレーです。白く汚れが付着しにくいというセラミックの長所を持ちながら、比較的安価であることがメリットです。

TUM(タム)インレー

新素材の耐久性特殊ナイロン「TUM」を使用したインレーです。セラミックと同等の自然な美しさを持ちながら、耐久性に優れているため、薄く作ることができます。

被せ物
オールセラミッククラウン

内側と外側、両方をセラミックで作る被せ物です。内側もセラミックであることで、適度な光の透過性を持ち、自然な美しさを再現できます。金属と比べてプラークや汚れが付着しにくく、むし歯・歯周病のリスクが抑えられます。

セラミックの良さがもっとも顕著に表れる被せ物と言えるでしょう。

※より強度の高い、二ケイ酸リチウムガラス「e-max(イーマックス)」と呼ばれるセラミック素材で作ることも可能です。

ジルコニアセラミッククラウン

高い耐久性を誇る素材「ジルコニア」を歯の内側に、セラミックを外側に使用した被せ物です。強度と美しさを両立した被せ物と言えるでしょう。生体親和性も高く、金属アレルギーの心配もありません。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックと歯科用プラスチックを混合した「ハイブリッドセラミック」で作るクラウンです。白く汚れが付着しにくいセラミックの特性を持ちながら、比較的安価に作ることができます。

※ハイブリッドセラミックのブロックを「CAD/CAM」という機械で削り出して第一、第二臼歯のクラウンを作る場合には、一定の条件を満たせば保険が適用されます。詳しくはお問合せください。

TUM(タム)クラウン

航空機や自動車に金属の代替部品として使用される耐久性特殊ナイロン「TUM」によって作る、高耐久を誇るクラウンです。セラミックと同等の自然な美しさを再現します。

メタルボンド

内側を金属、外側をセラミックで作るクラウンです。内側が金属であるため、高い耐久性が期待できます。ただし、セラミックの持つ光の透過性が損なわれるため、仕上がりの美しさはオールセラミッククラウンに劣ります。

ゴールドクラウン

高い生体親和性を持つゴールドを使用したクラウン、いわゆる「金歯」です。素材の硬さが天然歯に近いため、周囲の歯や歯ぐきを傷つけません。目立ってしまう点が気にならなければ、お口に優しいクラウンと言えます。

ラミネートべニア

歯の表面を薄く削り、加工したセラミックを貼り付けます。被せ物と比べ、短期間で美しい白さを手に入れることができます。

院内技工室で、確かな実績のある歯科技工士が作製

院内に技工室を備えておりますので、詰め物や被せ物が必要になったときには、歯科医が直接歯科技工士に指示を出します。

  • 国内外で講演を行うほどの実績、確かな技術を持つ技工士が詰め物・被せ物を作製します。
  • 院長と技工士が、常に院内で密に連携を取ることができますので、より精巧な詰め物・被せ物の作製が可能です。
  • 余計なタイムロスがないため、より短期間で詰め物・被せ物を取り付けることができます。

※技巧室は2019年8月から稼働予定です。

top

0667771211

ウェブ予約