MENU

入れ歯

入れ歯の良さを理解した選択を

受付

むし歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまったとき、入れ歯によってその機能と審美性を回復する方法は一つの選択肢となります。

「噛む力」「自然な美しさ」という点ではインプラントに劣りますが、総合的な満足度を考えた場合、入れ歯の方が合う方もいらっしゃいます。他の治療にも言えることですが、ピンポイントの単純比較だけで合う・合わないを決めるのではなく、患者様ご自身が、どういったことに重きを置くかを考えて治療を選択することが大切です。

入れ歯の優れた点として、以下のようなものが挙げられます。

介護が必要になった場合に衛生管理がしやすい

取り外して洗うことができるため、介護が必要になったとき、身体の不自由で正確なブラッシングが難しくなったときにも、比較的容易にお口の衛生管理ができます。

転居などで通院が難しくなっても、対応してくれる歯科医院が多い

転居などで入れ歯を作った歯科医院に通うのが難しくなった場合でも、調整や修理に対応してくれる歯科医院がたくさんありますので、調整ができずに使えなくなる、という事態はほとんどありません。

費用を抑えて作製できる

インプラントと比べると、費用を抑えて機能性・審美性を改善することができます。

麻酔・手術が必要ない

当然ではありますが、入れ歯の作製には、麻酔や手術が必要ありません。全身疾患を抱えている方、体調に不安のある方でも、安心してご利用していただけます。

当院の入れ歯治療の特徴

保険適用の入れ歯から、保険適用外の入れ歯にも対応

保険適用のレジン床義歯、熱可塑性義歯から、保険適用外の義歯まで、幅広く対応しております。患者様のご希望やライフスタイル、ご予算に合わせて選択することができます。

十分に必要性を確認してから作製に進みます

安易に抜歯をして入れ歯を使用するのではなく、「本当にその歯を残すことができないか」「まだ天然歯に噛む力が残っているのではないか」「歯の根だけでも残して対処できないか」といったことを、患者様のご希望も含めて改めて検討してから、入れ歯の作製へと進みます。

院内技工室があるため、迅速な対応が可能です

院内に技工室があり、歯科技工士が在籍しております。作製はもちろん、調整、修理にも迅速な対応が可能です。

また、歯科医と歯科技工士が直接細かなコミュニケーションを取ることができ、より精密な、お一人お一人にフィットする入れ歯の作製を実現しています。
※2019年8月から稼働予定です。

使用感を大切にしたアフターフォロー

入れ歯は、作ってから第二の治療が始まる、と言われます。

実際の使用感を大切にするため、噛む・喋るといった動作を確認しながら調整を行います。また、年月と共に口内の形態にも変化がありますので、少しでも合わなくなったと感じたときには、その都度ご相談ください。

取り扱う入れ歯の種類

レジン床義歯

床部分をレジン(歯科用プラスチック)で作る保険適用の入れ歯です。

素材の特性のため、やや厚みがありますが、感じ方には個人差があります。十分にご満足して使用されている方も多くいらっしゃいます。

熱可塑性義歯

熱を加えたときにのみ変形する特性を持った樹脂を使用する、保険適用の入れ歯です。

作製時に気泡が混入しにくく、耐久性に向上が見られます。また、使用開始後の変形が少なく、レジン床義歯と比べて長く適合が保てます。

金属床入れ歯

床部分を金属で作製する保険適用外の入れ歯です。

薄く作ることができますので、お口の中での異物感が少なくて済みます。また、熱をしっかりと伝えてくれますので、食べ物や飲み物の温かさ、冷たさを感じながら味わっていただけます。

ノンクラスプデンチャー

ぴったりと吸着して安定が得られ、固定用の留め金のなく、見た目の美しさにも優れた入れ歯です。軽い素材で作られるため、装着時の違和感が抑えられます。食べかすも溜まりにくい構造です。

TUMデンチャー(ノンメタルクラスプデンチャー)

しなやかな素材「エンジニアリングプラスチック」を使用した、留め金のない入れ歯です。吸着するようにして安定を得るため、食べかすも溜まりにくく、優れた装着感をご実感いただけます。審美性と機能性を兼ね備えた入れ歯と言えます。

top

0667771211

ウェブ予約