MENU

歯周病治療

こんなお悩み・症状はありませんか?

以下のような症状がある方は、歯周病あるいは歯周病予備軍の可能性があります。歯周病はほとんど症状なく進行するため、以下に該当しない場合でも、早めに予防に取り組まれることをおすすめします。

  • 起床時、口内がネバネバする

  • 優しくブラッシングをしているが、出血がある

  • 口臭を指摘された

  • 歯ぐきが腫れている、赤くなっている

  • 歯ぐきがムズムズすることがある

  • 硬いものが噛めなくなった

  • 歯ぐきが下がり、歯が長く見える

  • 歯間が広くなった気がする

当院の歯周病治療

受付

歯周病の治療は、大きく「歯周基本治療」と「歯周外科治療」に分けられます。

歯周基本治療では、プラークコントロール、スケーリング・ルートプレーニングなどの切開を伴わない治療を行い、歯周外科治療ではフラップオペやGTR法などの切開を伴う外科的な治療を行います。

重度の歯周病には歯周外科治療をお勧めするクリニックも多いようですが、必ず良い結果が得られるものではありません。当院では、できる限り歯周基本治療で症状の改善を目指し、必要に応じて歯周外科治療に踏み切るようにしております。

また当院では、YAGレーザーや3Mix-MP法による歯周病治療も行っております。

当院の歯周基本治療

プラークコントロール

歯周病の原因となるプラーク(歯垢)のコントロールです。口内のプラークの量をできるだけ減らし、かつその状態を長く保つことで、炎症の改善がもたらされます。

歯科医院でのスケーリング・ルートプレーニングで口内のプラークや歯石を徹底的に取り除き、その状態を毎日のご自宅でのケアで維持していただきます。ご自宅でのケア方法は、ブラッシング指導を中心として、患者様ごとにオリジナルのものをご提案しております。

当院のブラッシング指導について、詳しくはこちら

スケーリング・ルートプレーニング

歯科医または歯科衛生士が行うお口のクリーニングです。「SRP」とも呼ばれます。

特殊な器具を用い、歯の裏側、歯周ポケット、歯間など、ブラッシングでは磨ききれない箇所のプラーク・歯石を徹底的に取り除いていきます。

咬合調整

かみ合わせの悪さが歯周病の進行に影響している場合もありますので、必要に応じて咬合調整を行います。

当院の歯周外科治療

歯周基本治療で十分な効果が見込めない場合には、歯周外科治療を行うことがあります。

フラップオペ

歯周ポケットが深くなっている箇所の歯肉を切開し、歯根面を露出させた状態で、プラーク・歯石を徹底的に取り除きます。でこぼこになっている歯根面は平らにし、プラークや歯石が付着しにくい環境をつくりだします。

GTR法

「歯周組織再生誘導法」や「組織再生誘導法」とも呼ばれます。歯肉を切開し、歯槽骨の失われた箇所をメンブレンと呼ばれる特殊な膜で覆うことで、骨の再生を促す方法です。

レーザー治療・内科的治療

当院では、その他にも以下のような方法で、歯周病治療を行うことができます。

YAGレーザーによる治療

YAGレーザーの照射により、歯肉の内側のクリーニング、歯周病菌の除去効果が期待できます。痛みや出血もほとんどありません。

3Mix-MP法による治療

3Mix-MP法は、三種の混合薬剤を使って病巣を無菌化する治療です。むし歯治療だけでなく、歯周病治療にも使用することができます。

治療後もメンテナンスを受けましょう

症状が改善され、状態が安定すれば、歯科医が「治癒」と判断をします。

ただ、一度歯周病になった場合、完全に元通りになることはありません。治療後も定期的にメンテナンスを受け、そのときの良好な状態を維持していく必要があります。

メンテナンスでは、歯周精密検査、ブラッシング指導、咬み合わせチェック、生活習慣指導、クリーニング、抗菌剤やフッ素を使った予防などを行います。

時間をかけて治療した歯周病の再発をメンテナンスで予防し、長くお口の健康を守りましょう。

top

0667771211

ウェブ予約