MENU

一般歯科

お口全体を見る一般歯科

1.痛み・苦痛の少ない内視鏡検査

もっとも患者様になじみ深く、ご相談が多い一般歯科だからこそ、当院では歯そのものだけでなく、歯並び・かみ合わせ、口内環境などを含めた将来的なリスクをご説明いたします。

すぐに治療が必要ない状態であっても、患者様がその後の生活やお口のお手入れに気をつけてくださったり、それまでなら見逃してしまうような症状に気づいてくださったりすることで、早期発見・早期治療につながります。

痛みの少ない治療のために

当院では、少しでも痛みを少なくするための工夫に取り組んでおります。痛みが少ないからといって治療の効果が薄れることはありませんので、ご安心ください。

予防歯科への積極的取り組み

患者様一人一人に合った予防歯科メニューをご提案します。患者様のお口の状態、ライフスタイルなどから総合的に判断し、無理なく続けられる予防歯科で、「そもそもむし歯をつくらない」「ごく初期のうちにむし歯が見つかる」サイクルへとお導きします。

詳しくは、予防歯科ページをご覧ください。

削除量を最小限に抑えたむし歯治療

基本的なことではありますが、当院のむし歯治療では、必要以上に歯を削らず、できるだけ健康な天然歯を大きく残すことを大切にしております。健康な天然歯を大きく残すことは、痛みの軽減だけでなく、天然歯本来の機能・美しさを維持することにもつながります。

また、特殊なセメント「ドックスベストセメント」や、抗菌剤「3Mix」を使用し、殺菌作用をもたらすことで効率的にむし歯の治療を行うことができます。削除量(歯を削る量)を最小限に抑えることができますので、削るときの痛みも軽減されます。また、神経を残せる可能性も高まります。

当院院長は、LSTR療法学会(3Mix-MP法)の認定医です。

※ドックスベストセメント、3Mix-MP法によるむし歯治療は、保険適用外となります。

丁寧に、確かな技術で行う麻酔処置

注射麻酔を行うときにも、細心の注意を払います。表面麻酔によって部分的に痺れさせ、そこへ体温近くに温めた麻酔液を注射します。歯科医が声をかけ、ゆっくりと注射をいたしますので、緊張していた患者様の気持ちがほぐれ、痛み、刺激への過敏性を軽減します。

根管治療

むし歯が重度にまで進行し、歯髄(神経や血管を含む組織)まで侵されたときには、根管治療が必要になります。根管治療を行うことで、抜歯を回避できる可能性が高まります。

歯髄を取り除き、根管内を徹底的に洗浄・消毒した後に、封鎖します。菌や汚れが少しでも残っていると再発のリスクが生じるため、何度も通院する必要があります。また、治療後に唾液が侵入して内側で再感染が起こることを防ぐため、封鎖も完ぺきに行わなければなりません。

当院では、これらの処置を一つずつ丁寧に進め、根管治療後の再発防止に努めております。

根管治療が必要になる前に

むし歯菌に侵されて死んでしまった神経は、徐々に腐っていき、化膿を起こします。さらにその後、歯の根の先から膿が出るようになると、顎の骨を溶かしてしまいます。

このような事態を避けつつ、歯を残す方法として、根管治療は非常に有効な治療方法です。

ただ、根管治療はより多い通院回数、長い通院期間が必要になる上、再発のリスクもゼロではありません。歯髄を取ることで、歯そのものの寿命も短くなります。

当然ながら、根管治療が必要になる前に治療を受けること、またそもそもむし歯にならないことが大切です。当院では、定期健診の間隔は患者様ごとに設定(15か月ごと)しており、「その方にとっての必要な予防・治療」を過不足なくご提案できるよう努めております。

top

0667771211

ウェブ予約